東北特殊鋼は1937年の創業以来、日本の金属研究における権威である東北大学並びに付属研究所との産学共同活動を技術・商品開発の基礎とし、仙台の地で高級特殊鋼の専門メーカーとして発展してまいりました。

 現在は日本の特殊鋼トップメーカーである大同特殊鋼グループの一員として、創立の精神『高級特殊鋼を製造し、産業界に貢献する』に基づき、特殊鋼素材開発や製造、精密部品加工、熱処理、表面処理等様々なバリューチェーンをお客様に提供しております。特に主力製品である自動車向けエンジンバルブ用耐熱鋼並びに燃料噴射装置に用いられる電磁ステンレス鋼においては日本国内トップシェアをいただいております。

 現在も、お客様とのコラボレーションによる新たな商品開発も含め、様々な新しい技術開発に取り組んでおります。また、海外での生産活動も積極的に進め、現在タイ、インドに生産拠点を置き、グローバルに広がるお客様の様々なニーズに応えています。

 これからもますます多様化するお客様のニーズを先取りし、価値ある商品を絶え間なく世の中に送り出すことを通じ、産業界の発展ならびに人々の豊かな暮らしに貢献出来るよう挑戦し続けてまいります。

東北特殊鋼株式会社

代表取締役社長 成瀬真司