東北特殊鋼株式会社 >>HOME >>SITE MAP >>ご利用規約 >>個人情報保護について >>ENGLISH
AND OR

低熱膨張合金

ニッケル36%近傍のニッケル-鉄合金は、常温付近で熱膨張係数が極めて小さく、精密測定器、精密機械部品等に不可欠の材料となっています。また、コバールは熱膨張係数をセラミック並に調整してあり、封着用に使用されます。


熱膨張曲線


材質説明

【基本組成】

  • インバー(K-EL70) 36Ni-Fe
  • スーパーインバー(K-EL50) 32Ni-5Co-Fe
  • コバール(K-ET52) 29Ni-17Co-Fe

諸特性

【物理的性質】

電磁気特性、孔食電位

熱膨張係数:上段α20-60℃、下段α20-100℃

【機械的性質、硬さ】

機械的性質、硬さ

K-EL70、K-EL50 900℃熱処理後
         K-ET52      1100℃熱処理後

その他

【快削インバー、快削コバール】

TICSインバー、コバールを参照ください。

>>HOME >>SITE MAP >>ご利用規約 >>個人情報保護について >>ENGLISH